株式会社 千代田精機
ホーム 製品情報 会社案内 採用情報 ダウンロード
CHIYODA SEIKI CO., LTD.
会社案内
メッセージ
概要
沿革
営業・製造拠点
ニュースお問い合わせサイトマップ
ホーム > 会社案内 [沿革]
沿革(平成元年~現在)
昭和21年~昭和49年 昭和50年~昭和63年 平成元年~現在
平成1年 2月 厚生大臣より、医療器具(MB-3)の製造認定を受ける。
  4月 厚生大臣より、医療器具の「輸入販売許可」と「加湿器」の輸入の認定を受ける。
平成2年 3月 通産大臣より「ストレーナ」の拡大認定を受ける。MAB-379-O
  8月 科学技術庁において、故・谷口義明元社長が「従六位勲五等瑞宝章」を受章した。
平成4年 4月 通産大臣より、「蒸発器」「管類」の拡大認定を受ける。
蒸発器は炭酸ガスに限る「CVR-40~100型」MAB-379-C,管類「銅管,ステンレス管,鋼管」MAB-379-M-1
  9月 兵庫県加古郡稲美町に「播磨工場」を新設、「炭酸ガス・ベーパーライザー」「シリンダー・キャビネット」の本格製造を行う。
  10月 労働大臣より毎月勤労統計調査で表彰される。
平成6年   新型溶断器用圧力調整器「スタウト」を販売開始した。
平成7年 1月 阪神・淡路大震災により、本社工場と事務所が全壊・全焼した。
厚生労働大臣より、「医療用具製造業、輸入販売業」の認定を受ける。
東京支店を移転。北関東営業所を開設した。
平成8年 9月 本社ビル新築。
平成9年 9月 国産初のワンタッチ・ガス充填金具の「いちおし君」を開発し、販売を開始した。
平成10年   住友精化(株)と分析ガス、標準ガスHAPS超精密調整器の「純水超音波洗浄」と「煮沸洗浄」の組合せによる、超精密洗浄方法の研究を行った。
平成12年 3月 高圧ガス保安協会(KHK)より、ISO 9001の認証を取得した。「認証登録番号:00QR・285」
  12月 国土交通大臣に一般建設機械機器設置工事(管工事)の許可を継続許可される。
平成13年 10月 熊本営業所を開設した。
平成14年 9月 H-Ⅱaロケットの燃料補給の為の積層断熱真空配管の一部を当社が担当した。
姫路営業所を播磨工場内に移転するとともに、西神戸支店に改組した。
平成15年 2月 ISO 9001の更新に合わせて、ISO 9001-2000年度版を取得した。
  3月 「光るナンバーワン企業」日本経済新聞で、エコノダイヤルが紹介された。
  6月 引き続いて、「技あり関西」読売新聞でも、エコノダイヤルが紹介された。 (現在まで20万台以上売り上げている。)
平成16年 10月 手動ガス溶断器,溶断用圧力調整器の新JISに対応した、新JWA認定を取得した。
谷口義博社長が、神戸市長より「経済団体功労者彰」を受賞した。
平成17年 5月 上海エッセンショーにて、溶断器,溶断用調整器,装置用調整器,エコノダイヤル,半自動切替装置等を展示した。
  6月 住友精化(株)向けの分析ガス、標準ガス用精密調整器の小型化に成功し、出荷した。
医療用酸素ヨーク弁対応型充填金具「クイック・クランプQC型」を開発し、販売を開始した。
平成18年   海外向けに、新型乾式安全器「フレームガード」を開発し、販売を開始した。
ガス・セーバー「CH-GSⅡ型」を開発し、販売を開始した。
スカーフィング用乾式安全器・酸素用「SFST-O2型/SFG3-O2型」を開発し、販売を開始した。
リフト式逆止弁「KVC-M型」、スプリング式逆止弁「KVC-P型/KVSC-P型」を開発し、販売を始めた。
新型LGC容器自動切替装置「エルオートⅣシリーズ」を開発し、販売を始めた。
平成19年 2月 液化ガス用ネックバルブ:KVL-250-T(三方弁)、液化ガス用切替弁:KVL-250-CIS(二方弁)を開発し、販売を始めた。
組み立て式簡易カードル ニュー・ハイセット「HS型」を開発し、販売を始めた。
炭酸ガス用フィン式圧力調整器:FC-20型を開発し、販売を始めた。
省スペース型アウトレット「アウトレット・スリム」を開発し、販売を始めた。
  4月 大流用型乾式安全器「セーブ・ポイントG型」を開発し、販売を始めた。
  4月 水素用乾式安全器「セーブ・ポイントLH-15型」を開発し、現在申請中。
平成20年 5月 「新型FC-20型 炭酸ガス用ノーヒーター式圧力調整器」を開発し、販売を始めた。
「2ME-50型 デジタル式小型ガス混合器」を開発し、販売を始めた。
「ABH-13WLC型 無線式警報盤」 を開発し、販売を始めた。
平成21年 1月 社内報「CHIYODA」を復活させた。
平成22年 2月 (社)産業安全技術協会より、水素用乾式安全器「セーブポイントLH-15型」が国内初の性能認 定を受け、販売を開始した。認定番号:TIIS-YT0009(実用新案申請中)
  3月 北関東(営)が埼玉県さいたま市北区に移転。
  6月 東京支店・横浜(営)が統合、東京都品川区に移転。
平成23年 4月 神戸市兵庫区高松町で土地・建物をを取得。「神戸第2工場」とする。
  6月 創業65周年を記念し、淡路島ホテルニューアワジにて全社員、協力会社参集のもと、記念式典を挙行した。
  7月 受注・販売・経理システム Bプロスパーを導入、運用を開始した。
平成24年 7月 宮城県仙台市に仙台(営)を開設。
  11月 第1回神戸マラソンに社員4名が出場、全員完走した。また、「神戸第2工場」をボランティア活動の場所として提供した。
  12月 「神戸第2工場」が本格稼働。それにより「本社機械工場」を「神戸第1工場」に改称した。
平成25年 2月 「ガス溶断用機器」「圧力調整器/ガス供給設備・機器」総合カタログを改訂・発行した。
  6月 創立65周年を記念し、全国有力ディーラー65名参集のもと、北海道招待旅行を実施した。
平成26年 1月 神戸市兵庫区浜中町で土地・建物を取得。「神戸第3工場」とする。
  4月 谷口義博社長が神戸市機械金属工業会の会長に就任した。
平成27年 5月 「エコノダイヤル」に続く新型ガス節約器「エコノキューブ」の販売を開始した。
  7月 1年間にわたる「製造部改革プロジェクト」が多大な成果を上げて終了した。
  8月 兵庫県市川町で土地・建物を取得。「姫路市川工場」とする。
平成28年 3月 社員の意識向上を図る教育の一環として全社員参加のもと、「メンタルヘルス」「ハラスメント」の講習を受講した。
  4月 熊本地震により熊本(営)が被災したが幸い人的被害は無かった。
  5月 神戸西労働基準協会から「安全衛生優良賞」として表彰された。
  10月 熊本(営)が熊本県菊陽町に移転。
平成29年 2月 神戸市西区で土地・建物を取得。「神戸木津工場」とする。
個人情報の取扱いについて Page Top
Copyright CHIYODA SEIKI CO.,LTD. All Rights Reserved.